当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
  • LINE
    Twitter
    Facebook
    E-mail
    136502 本間機材株式会社

    ジェットパルスJP-3000T(三相200V40W)

    108,900 (税込) / 1 個

    大面積向けでは、現在ベストな電動タイプの液肥混入器
    国内最大クラスの吐出量(3㍑/分)でこの値段!
    一定量の液肥・農薬を確実に注入。土壌くん蒸剤散布にも対応
    どんな本管にでもカンタン取り付け。小型で軽量

    商品サイズ
    横 :ー
    幅 :ー
    高さ:ー
    商品重量
    ー / 1点
    配送料
    送料無料
    発送
    6〜7営業日
    タイプ
    液肥混入器
    取扱エリア 在庫の有無
    西
    数量
    1
    カートに入れる

    商品について

    スペック

    ・発売元:本間機材株式会社
    相:三相、電圧:200V、容量: 40W、重量:5.7㎏
    注入量:50Hz : 0.78~3㍑/分、60Hz : 0.94~3.6 ㍑/分(参考数値)
    耐酸性仕様のため、土壌くん蒸剤も使用可能です。

    ・土壌くん蒸剤の効果を安定させるため、点滴かん水チューブの場合は、20~30分で散布作業が終わるように調整する必要があります。

    面積・投薬時間を考慮して液肥混入器を選択してください。
    例)土壌くん蒸剤30L/10a×30a(計90L)を流す場合:吐出量1㍑/分タイプでは90分→×、吐出量3㍑/分タイプでは30分→〇
    例)土壌くん蒸剤30L/10a×10a(計30L)を流す場合:吐出量1㍑/分タイプでは30分→〇、吐出量3㍑/分タイプでは10分→×

    特長

    ・かん水時間が長いよりも短い方が、肥料や農薬が流されないですみます。一方、土壌くん蒸剤を流すのも短時間ですみ、楽です。
    まさに大面積に対応可能!!
    例)農薬30L/10a×30a(計90L)を流す場合:吐出量1㍑/分タイプでは90分、吐出量3㍑/分タイプでは30分!タイプの違いで作業時間にこれほどの差!

    ・クロピクフローによる消毒の場合、10a(反)当り30Lの薬液を30分程度=「1㍑/10a(反)/1分間」を散布する必要があります。
    商品タイプにより吐出量が異なるため、一度に散布したい面積に合わせて商品を選択して下さい。
    例)20aへ散布したい場合:「1㍑/10a(反)/1分間」×20a=必要な吐出量は「2㍑/分」
    こちらの商品JP-3000Tタイプでは、50Hzの場合:0.8反から3反、60Hzの場合:0.94反から3.6反の面積を一度に処理できます。

    <商品タイプごとの、一度に散布作業を行える面積の目安>
                   50Hzの場合       60Hzの場合
    例)25Wタイプ(100V, 200V):  ~9a(~900cc)    ~10a(~1,000cc) JP-25Wタイプは、10a以下に対応できます。
    例)40Wタイプ(100V, 200V): 5~14a(500~1400cc) 6~17a(600~1680cc)
    例)3000シリーズ(100V, 200V:7.8~30a(780~3000cc)9.4~36a(940~3600cc)

    使用方法

    ・ヘッドコントール(圧力調整用バルブ→液肥混入器→フィルター→水圧計の順番)
    ・それぞれの役割があるので、設置の順序に注意して下さい。
    ・点滴チューブ各商品の適正使用圧力に調整するため、圧力調整用のバルブと水圧計を設置して下さい。
    圧力調整用のバルブ、液肥混入器(かん水同時施肥)、フィルター(目詰り対策)、水圧計(水圧確認)。

    ・液肥混入の場合
    三相タイプは電源プラグおよびキャブタイヤケーブルは付属しておりませんので、現地にて調達して下さい。取付の際、必ずアースを設置して下さい。
    電気の配線を終えたら、通電しモーターの回転が反時計周りであることを確認してください。時計回りの場合は逆回転ですので、配線をし直してください。

    *逆流防止のため、
     1.本機を液肥の容器より約1m高い所に設置して下さい。
     2.液肥タンクは、本管より低い位置に設置して下さい。
     3.注入弁を本管に垂直に取り付けてください。垂直でないと逆流する場合があります。

    *ウレタンチューブを吸入側と吐出側の長さに切り、それぞれを吸入弁、吐出弁に取り付けて下さい。
     →ウレタンチューブの脱着方法
     取付:吸入弁、吐出弁、注入弁に、ウレタンチューブを真っ直ぐ押し込んで下さい。
     取り外し:吸入弁、吐出弁、注入弁を押し込みながらホースを抜いて下さい。

    *ダイヤルメモリの設定により注入量を調整することができます。注入量は表を参照ください。
     蝶ボトルを緩め、ダイヤルのメモリを希望する赤い印に合わせ、きっちりと締め付けて下さい。
     例)ダイヤルメモリ10の位置にセットすると、50Hzの場合:3㍑/分、60Hzの場合:3.6㍑/分

    *ウレタンチューブ(Φ12)の先端にストレーナーを取り付けて液肥タンクに挿入して下さい。

    *液肥の混入を開始したら、エアー抜きバルブを開き、エアーが抜けた事を確認(音)
     できたらきっちり閉めてください。

    <土壌くん蒸剤の場合>
    *設置については、上記の<液肥混入の場合>を参照して下さい。

    *エアー抜きバルブにリターンのウレタンチューブ(φ8)と銅管(φ8)をワンタッチユニオンに接続して銅管を土壌くん蒸剤容器に挿入して下さい。
    ウレタンチューブ(φ12)と銅管(φ12)をワンタッチユニオンで接続して銅管を土壌くん蒸剤容器に挿入して下さい。
    土壌くん蒸剤の場合はストレーナーは取り付けず、直接銅管を土壌くん蒸剤容器に挿入して下さい。

    注意事項

    ・各弁が詰まる原因となりますので、使用後は必ず清水にて洗浄して下さい。
    ・冬季間の凍結防止のため、使用しない時はウレタンチューブ内の水が無くなるまで空回転して下さい。
    ・モーターの長時間の使用により高温になる場合があります。直接モーターには触れないようにしてください。
    ・ウレタンチューブが劣化(硬化や黄ばみ)した場合は、交換して下さい。特に、土壌くん蒸剤をご使用の場合は劣化しやすいです。
    ・吸入弁、吐出弁、注入弁が経年劣化により正常に作動しなくなった場合は、交換して下さい。特に、土壌くん蒸剤をご使用の場合は劣化しやすいです。
    ・各種部品も取り扱っておりますので、お問合せ下さい。

    関連商品

    T-TAPEスペシャル508-20

    T-TAPEスペシャル508-20

    点滴チューブ20cmピッチの王道、「クオリティ+価格」の4番バッター1,000m巻き、肉厚0.2mm、吐水口間隔20cm

    取扱エリア 在庫の有無
    西
    27,500 (税込) / 1000 m
    詳細を見る
    >
    PSリンク

    PSリンク

    たまりたまった過剰肥料、最大の敵を全て洗い流す!土壌分析からの肥料設計再構築に最適!PSリンクのキレート化、かん水チューブの目詰り予防にも働く!水質を改善し農薬の効き目を長持ちさせる→水質分析からPSリンクを調合すればOKというスグレモノ!うれしいお徳用サイズ10L、20Lも。

    取扱エリア 在庫の有無
    西
    19,360 (税込) / 5 L
    詳細を見る
    >
    PSパワーアミノ2号

    PSパワーアミノ2号

    基肥的存在の有機ミネラル液肥!3大栄養に加え、有効微生物の餌になる各種アミノ酸+微量要素群を配合!微生物を育て、土を育て、作物を育てます!「点滴チューブにも詰まらない」スグレモノ! 10缶セットでさらにお得!

    取扱エリア 在庫の有無
    西
    10,351 (税込) / 20 kg
    詳細を見る
    >
    スペシャルME-C

    スペシャルME-C

    養液栽培用の微量要素オンリーの肥料として開発!必須微量要素を全て配合!他の元素と結合しないEDTA・DTPA仕様。土耕栽培の追肥にも最適!

    取扱エリア 在庫の有無
    西
    14,388 (税込) / 4 kg
    詳細を見る
    >

    関連タグ

    土壌・植物・水質分析について

    「土作り」から「あなたの夢」まで寄り添います。
    PsEcoは、その夢を実現するため、常に農家の皆様一人ひとりと繋がっています。

    現場の様々な情報と分析結果を活用し、必要なものを必要な量だけ。高品質で高収量、無駄なコスト削除。
    バイオロジカルでエコロジカル、さらに持続可能な農地環境の創造をご提案いたします。
    分析料金は、各分析(土壌・植物・水質)1検体あたり4,400円(税込)です(別途、検体の発送料が必要です)。

    分析を注文する
    >
    PsEco公式SNSアカウント
    |
    TWITTER
    FACEBOOK