当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

土壌分析の記事一覧(5件)

記事を絞り込む
PsEcoのサービス 公開記事

イチゴ農家が、大躍進を遂げた秘訣を明かしてくれた!

あなたのデータをあなたのために活かす「PsEcoサービス」。課題にあわせた肥料を、とびきりのコストパフォーマンスで提供(オンラインショップ)。そんな全てのサービスがウェブ上でいつでも受け取れます。

アスパラガス

堆肥の多投にご注意!定植前に正しい土づくり

アスパラガスは別名「畑の豚」と言われ、堆肥や肥料を与えれば与える程収量が上がるという認識がありませんか?定植前に大量の堆肥を散布する状況を多く目にします。その結果、フカフカとした団粒構造が発達した土が出来上がるように見えますが、一方で弊害も散見されます。本記事では、堆肥による土づくりの問題点および堆肥との上手な付き合い方をご紹介します。

アスパラガス 公開記事

更なる増収実現!規格外品を減らして反収4tから5.2t

栽培培開始時より、圃場の土づくりや生育期間中のきめ細かな栽培管理、更にはファーティゲーション(点滴チューブで灌水と液肥の一元管理)の導入により反収4tと言う高収量を上げていた農家が、更なる増収を目指してPsEcoの土壌分析を開始。大幅な基肥や追肥の見直しにより、扁平茎や空洞茎の課題を克服し、翌年には反収5.2tという驚異的な数字を打ち立てました。本記事では、「反収4tの秘訣」さらに「分析を活用して反収5.2tへの道のり」についてご紹介します。

土壌分析

PsEco土壌分析の検体採取方法_手順

正確な土壌分析を行うためには、正しい方法で土壌検体を採取することが必要!分析検体がラボへ到着後、目安として土壌分析に14日程度(土日を除く)要します。

土壌分析 公開記事

PsEco土壌分析

「前作と同じ肥料、同じ量を与えているが、なぜか今作は生育がいまいちだ。収量を上げるために窒素の施肥量を増やしたが、なぜか収量が減った。」土壌分析をしないと、偏った肥培管理に陥りがち!「お客様の土壌」を分析して、「お客様の土壌」に合った肥培管理をすることが必要です。

土壌・植物・水質分析について

「土作り」から「あなたの夢」まで寄り添います。
PsEcoは、その夢を実現するため、常に農家の皆様一人ひとりと繋がっています。

現場の様々な情報と分析結果を活用し、必要なものを必要な量だけ。高品質で高収量、無駄なコスト削除。
バイオロジカルでエコロジカル、さらに持続可能な農地環境の創造をご提案いたします。
分析料金は、各分析(土壌・植物・水質)1検体あたり4,400円(税込)です(別途、検体の発送料が必要です)。

分析を注文する
>
PsEco公式SNSアカウント
|
TWITTER
FACEBOOK