当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

イチゴの記事一覧(9件)

記事を絞り込む
イチゴ

イチゴ_栽培管理ポイント_生理障害

様々な要因により正常な生育や発育が行われないことを生理障害と呼びます。温度、湿度、日照条件、土壌水分、土壌の物理性、各種肥料成分の過不足など多種多様な要因が複雑に関与して発生します。本記事では、イチゴに発生する各種生理障害の原因と対策について、分かりやすくご紹介します!

PsEcoのサービス 公開記事

イチゴ農家が、大躍進を遂げた秘訣を明かしてくれた!

あなたのデータをあなたのために活かす「PsEcoサービス」。課題にあわせた肥料を、とびきりのコストパフォーマンスで提供(オンラインショップ)。そんな全てのサービスがウェブ上でいつでも受け取れます。

植物分析

イチゴ_栽培管理ポイント_厳寒期

イチゴ栽培で高収量を目指すための鍵は、冬場の樹勢低下に伴う「中休み」を回避することです。そのための厳寒期の栽培管理のポイントは?日本一の収穫量を誇る栃木県の代表品種「とちおとめ」を例に、温度管理・電照・ジベレリン・炭酸ガスとともに、灌水・肥培管理について、惜しみなくご紹介します。

植物分析

イチゴ_栽培管理ポイント_1番果(頂果房)の開花から収穫開始まで

イチゴ栽培で高収量を目指すための鍵は、冬場の樹勢低下に伴う「中休み」を回避することです。1番果(頂果房)開花期から収穫開始時期までの厳寒期に向けた株作りが勝負です。日本一の収穫量を誇る栃木県の代表品種「とちおとめ」を例に、1番果(頂果房)の開花から収穫開始までの栽培管理ポイントを惜しみなくご紹介します。

イチゴ

イチゴ_栽培管理ポイント_定植時から開花期まで

作終了までの生育の土台となる、"定植時の活着から開花期までの栽培管理のポイントと注意点"を、分かりやすくご紹介します。優良農家の方でも、見落としていることがあるかもしれません。収量を伸ばしたい方必見です。

イチゴ

イチゴ_良質な苗作り

苗半作という言葉がありますが、なぜ良質な苗づくりが必要なのか?イチゴの場合、頂果房(1番果)の収量の大半は苗質によって決まるからです。「良質なイチゴ苗の作り方」を是非ご覧ください。

イチゴ

イチゴ_親株育成期&育苗期の「萎黄病」「炭疽病」「疫病」対策

梅雨時期の長雨・梅雨明け後の猛暑、文字通り異常気象の近年、親株や定植苗での「萎黄病」「炭疽病」「疫病」被害は深刻!大幅な収量減!苗がなければイチゴ栽培はスタートできません。本記事では、親株育成期と育苗期の土壌伝染性の病気の対策についてご説明します。

イチゴ

イチゴ_本圃の土壌消毒ポイント

「萎黄病」「炭疽病」「疫病」に悩むイチゴ農家さん必読!イチゴ農家の間でよく知られている本圃の土壌消毒方法「クロピクフロー」と「土壌還元消毒」に加えて、我々PsEcoがお奨めする「畝立て後の太陽熱消毒」についてポイントをまとめています。

植物分析

PsEco植物分析の検体採取方法_イチゴ(冬イチゴ・夏イチゴ共通)

検体は「適切な採取部位から必要な量」を、「水分量保持(乾燥厳禁)」「傷みなし」「異物混入なし」「鮮度維持(保冷)」された状態でラボに届けて頂く事が必要です。分析検体がラボへ到着後、目安として5日程度(土日を除く)で分析結果と処方箋を受け取れます。

土壌・植物・水質分析について

「土作り」から「あなたの夢」まで寄り添います。
PsEcoは、その夢を実現するため、常に農家の皆様一人ひとりと繋がっています。

現場の様々な情報と分析結果を活用し、必要なものを必要な量だけ。高品質で高収量、無駄なコスト削除。
バイオロジカルでエコロジカル、さらに持続可能な農地環境の創造をご提案いたします。
分析料金は、各分析(土壌・植物・水質)1検体あたり4,400円(税込)です(別途、検体の発送料が必要です)。

分析を注文する
>
PsEco公式SNSアカウント
|
TWITTER
FACEBOOK